腰痛の原因は肥満のせいかも【ダイエットに取り組んで健康改善】

女医

バージャー病との鑑別

病院

腰部脊柱管狭窄症で起こる間欠性跛行は、バージャー病でも発症することがあります。したがって、バージャー病を注意することが必要です。バージャー病の場合には、血流障害起きますので、それに伴う症状が発生します。こうした所見を参考にして、腰部脊柱管狭窄症とバージャー病を鑑別すると、便利になります。

More…

腰痛を治療するには

女医

大阪の整形外科の病院では、椎間板ヘルニアなどの腰痛の治療を受けることができる。整形外科の病院数は内科に次いで多く、大阪には数多くの整形外科の病院がある。症状がひどい場合には外科手術による治療も可能である。

More…

痛みが出たら

医者

ヘルニアは放置していても良くはならないので前兆があるならすぐに名医の診断を受け、必要とあればヘルニア手術をしなければなりません。その時にお願いする病院は、自宅の近くで探すようにしておくと何かと便利なのでおすすめです。

More…

腰の痛みを感じている方

お腹

原因は何なのか

今は年配の方だけではなく、若い方にも多いのが腰痛ですね。種類は軽度のものから重度のものまで様々ですが、腰が痛いと日常生活にも色々と支障をきたしてしまいます。腰痛の原因として言われているのが筋肉の衰え、骨の老化、姿勢の悪さ、過度の運動などです。特に若い方だと、最近は姿勢の悪さを指摘されることも多いのではないでしょうか。腰痛がひどくなると、夜寝る時もだんだん辛くなってくるものです。特に仰向けに寝るのは腰に負担がかかって、痛みを感じる方も多いと思います。また、若い方の腰痛の原因としては肥満などが原因という場合もあります。肥満になってしまうと骨に負荷がかかってしまうことによって深刻なダメージを受けてしまうからです。そんな時は横を向いて寝てみたり、仰向けの状態では腰の下にタオルやクッションなどを置いて寝るのがおすすめですよ。また起き上がる時には、ゆっくり横を向いてから起きることも忘れないようにしましょう。急に起き上がると症状が悪化する恐れがあります。

日常生活で気をつけること

多くの方が悩まされていると思います腰痛ですが、日常生活の中で少しでも予防することが大切です。腰痛になる要因として、同じ姿勢を長い時間保っていることもあげられます。特に重いものを持つことが少ないお仕事の方でも、デスクワークで長時間イスに座りっぱなしなのも良くありません。腰に疲れを感じてきたら、少しだけでも立ち上がり体をほぐすように心掛けましょう。また先ほど姿勢の悪さのことも触れましたが、現代人に多いのが猫背ですよね。猫背ですと腰痛の原因になるだけではなく、見た目の印象も悪くなってしまいます。猫背は自分で意識するだけでも大きく違いますので、日頃から背筋を伸ばすことを意識するようにしましょうね。腰は一度傷めてしまうとなかなか治るまでに時間がかかりますので、小さなことから気をつけるようにし予防していきましょう。また、肥満の方は肥満体型のままだと、どんどん症状が悪化してしまうのでダイエットを行ない、腰への負担を軽減させる必要があります。肥満の方の場合、ダイエットを行なう際には医師のアドバイスなどを聞いてから行なうと良い結果が期待できます。